印刷機器・印刷材料販売|フォント制作・販売|人材派遣・人材育成|株式会社モトヤ

  • M-JOB-N@VI|DTP・クリエーター人材派遣サイト「エムジョブナビ」
  • MotoShop|モトヤフォントのオンラインストア「モトショップ」
  • モトヤLETS|モトヤフォントが使い放題となる「モトヤLETS」お見積もりはこちらから
  • DTPスクール|DTPエキスパート認証試験の対策講座です。
  • p-collabo.com|印刷業界のお役立ちサイト「ピーコラボドットコム」
  • dtp_jpb.gif|DTP、グラフィックデザイナー、WEBクリエイターの求人/転職/就職サイト
  • 日本漢字能力検定準拠書体モトヤフォント
プライバシーマーク

個人情報保護方針
モトヤは個人情報保護に取り組む企業を示す「プライバシーマーク」を取得しております。

沿革



大正11年2月 大正11年2月11日古門慶次郎が兵庫県姫路市において、モトヤ商店を創業。活字の製造、印刷材料の販売を開始。
昭和24年4月 本社を大阪市に移し株式会社に改組、古門正夫が社長に就任し、姫路を支店とした。
また、独自開発の「モトヤ書体」を発表した。
昭和26年9月 福岡市に事業所を開設。
昭和27年10月 東京都千代田区神田司町に事業所を開設。
昭和34年1月 東京支社社屋を、千代田区神田小川町に移転。
昭和37年11月 名古屋市に事業所を開設。
昭和40年3月 横浜市に事業所を開設。
昭和44年9月 日本経済新聞社のファクシミリ電送及び、電算植字の各専用書体を開発、IBMとの協力により、日本で初めて文字のデジタル化に成功し新聞業界に大きく貢献した。
昭和45年1月 活版印刷の将来性を考慮し、加えてCold Type System化への先鞭をつけるべく、日本文をタイプライタで組版する方法を研究開発し、「タイプレス」として発売、印刷出版業界に画期的な合理化製品として迎えられた。
昭和56年2月 「MT-5000」開発に対して、第6回発明大賞考案功労賞を受賞。
昭和56年10月 一連の印刷組版システムの開発育成の功績に対し、第1回科学技術庁長官賞を受賞。
昭和57年1月 九州松下電器株式会社との共同開発により電子編集組版機「WP-6000」を開発、組版機システム化と完全自動制御を図る。
昭和61年5月 代表取締役社長に古門慶造が就任。
平成5年5月 京都市に事業所を開設。
平成12年10月 フォントのオンライン販売事業として「Moto Shop」をWeb上に開設。
平成13年4月 「モトヤDTPスクール」を東京・大阪・名古屋・福岡の4ヶ所で開校し、社団法人日本印刷技術協会のDTPエキスパート認証試験指定校として認定された。
平成14年4月 東京・大阪圏でDTPオペレーターに特化した人材派遣事業を開始。
平成14年12月 千葉市緑区おゆみ野に千葉営業所を開設。
平成15年9月 印刷業界のコラボレーションサイト「p-collabo.com」を開設。
平成18年2月 東京本社を板橋区中丸町から中央区八丁堀へ移転。
平成18年10月 福岡支社を福岡市博多区東比恵に移転。
平成21年3月 福岡支社を博多区博多駅南に移転。
平成21年10月 ユニバーサルデザインの需要に応えるため「UD対応フォント」を発表。
平成22年9月 Google社の携帯電話向けOS「Android」の開発を推進する団体であるオープン・ハンドセット・アライアンス(OHA)に参加し、Androidプラットフォームに対してモトヤフォントをオープンソースライセンスに基づき提供開始。
平成28年2月 モトヤフォント全書体が年間ライセンス方式でお使いいただけるサービス「モトヤLETS」の提供開始。

pagetopへ