印刷機器・印刷材料販売|フォント制作・販売|人材派遣・人材育成|株式会社モトヤ

 

「MOTOYACOLLABORATIONFAIR2012」ご出展のお願い

 

 

                             株 式 会 社 モ ト ヤ

代表取締役社長 古門 慶造

 

 ごあいさつ

謹啓 貴社におかれましては益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。平素は格別のご愛顧を賜り、有難く厚く御礼申し上げます。
 3月11日に発生した東日本大震災により亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災された皆様とご家族の方々に心よりお見舞い申し上げます。一日も早い復旧と復興をお祈り申し上げます。
 さて、「顧客と共に栄える」を社是として「業界で一番お客様思考に立った印刷機材商社」であることを目指すモトヤは、「元気な印刷業界」実現のお役に立ちたいと考え、平成14年以来、皆様がお持ちの「自社の強み」をお互いに共有しあう「印刷作業のコラボレーション」をご提案して参りました。そのお手伝いとして、自社の強みを積極的にアピールし、他社に活用してもらう、印刷作業のコラボレーションの場——「モトヤ・コラボレーション・フェア」を、大阪、東京、神戸、名古屋、福岡で開催しており、毎回「印刷作業のコラボレーション」の趣旨にご賛同いただいた多くの印刷関連企業様のご出展を賜り、各地で52回を数える「モトヤ・コラボレーション・フェア」へのご出展企業様は延2,300社強、ご来場者様は凡そ57,000名様を超し、ご出展の皆様からもご来場の皆様からもご好評をいただいております。
 年初から回復の兆しをみせていた日本の経済環境も、先日の東日本大震災と先が見えない原子力発電所事故の収束、懸念される電力不足、広がる社会不安や自粛ムードなど、景気後退要因の枚挙にいとまがありません。さらに私たち印刷業界にはインキや紙の不足、加えて電子書籍・電子出版への対応など、対応しなければならない課題が山積しています。
 「自社の強み」をさらに磨き、専門特化して他社に活用してもらい、専門でないところは「他社の強み」を活用させてもらう「印刷作業のコラボレーション」の推進こそが、千年に一度とも言われる大災害を乗り越え、「元気な印刷業界、元気な日本」を実現する近道と言えるのではないでしょうか。
 私どもモトヤとして、はなはだ微力ではございますが、「印刷作業のコラボレーション」実現のお手伝いとして、来春2月3日/4日の2日間、天満橋のOMMビルにてモトヤ新春総合機材展「MOTOYACOLLABORATIONFAIR2012」を開催させていただく運びとなりました。
 つきましては、他社の持てない強みをお持ちの貴社に、「MOTOYACOLLABORATIONFAIR20112」に是非ともご出展いただき、自社の強みをアピールし他社の強みを活用する、印刷作業のコラボレーションを実現していただきますよう、ご案内かたがたお願い申し上げます。


敬 白 

 

 大 阪 COLLABORATION FAIR 2012 開催要領

日  時

 2012年2月3日(金)~4日(土)
 10:00~17:00

  搬入設置は展示会初日の2月3日(金)AM8:00からとなります。
  撤収搬出は2月4日(土)となります。

展示会場  OMMビル 大阪市中央区大手前1-7-31  ※入場無料
  URL|http://www.omm.co.jp/
アクセス ・地下鉄各線 天満橋駅より徒歩2分
・京阪本線 天満橋駅より徒歩2分
・駐車場有 有料
募集要項

・出展小間 間口2,435mm×奥行1,940mm(予定、広さ、形状とも統一)

・出展料金 84,000円(消費税含む)

 装飾代、電気代等の諸費用として申し受けます。
・出展申込 お申込み用紙にご記入後FAXして頂くか、ご案内を差し上げた弊社担当者にお申し付け下さい。 後日、正式な出展お申込み書をお届けいたします。
・PR誌 PR誌を作成し、会期当日ご来場者様に配布する予定ですので、お手数ではございますが、貴社プロフィールをお知らせ下さい。書式と記入見本を後日お届け致します。
 なお、お寄せ頂いた貴社プロフィール等は、モトヤコラボレーションサイト「p-collabo.com」にもアップロードさせて頂きます。

 

・お申込み用紙 PDF 

締め切り

・平成23年11月25日(金) 

お問合せ

 株式会社モトヤ大阪本社 営業部業務課 岡田 まで 

   電話:06-6261-1931  FAX:06-6261-1930